ニキビ悩みの解消法

『ニキビ』

写真 ニキビに悩んでいる人は多いでしょう。思春期には急増しますので、どちらかといえば、「だれしも経験する通過儀礼」として当たり前に考えているかも知れません。

が、中には十分大人になっても悩む人も出てきます。

ニキビの対策を考えるには、まずはそのメカニズムを知っておきましょう。そうすれば、「なぜ大人になってまで悩まないといけないのか」も分かってくるでしょう。

まず、ニキビは毛穴に起こる炎症の一種です。

元凶は毛穴の中の皮脂です。思春期になると皮脂の分泌が盛んとなり、排出しきれずに毛穴に詰まってしまいます。この結果、雑菌がわいてしまうのです。

思春期を過ぎると、皮脂の分泌量は減るのが普通です。が、中には皮脂が減らなかったり、皮脂以外の汚れが増えてくる人がいるのです。

例えば便秘がちな人。便秘は単にお通じがないという胃腸のトラブルではありません。老廃物が排出できなくなり、毒素も体内で増えます。回り回って、お肌も例外ではなくなるのです。

また、特に女性の場合、影響が大きいのが生理です。生理前ともなると、女性ホルモンの分泌が盛んになり、皮脂や汚れの量も増やしてしまうことがあります。

あと、意外なところではストレスも影響します。疲れたり、イライラしたり、激怒したり、寝不足だったり。やはりホルモンのバランスに変化を与えます。

こうやってみていくと、解決方法の一端が見えてくるでしょう。正しい食生活と生活習慣、ストレスをためないなどです。塗り薬などは、本物の対策にはなりません。
背中や腕にできる体ニキビでお悩みの方へ、ニキビ対策のいろいろなポイントをご案内しています。汗をかくことで逆にニキビケアになるので、自分の体質チェックから始めることが大切です。


ニキビ跡のしみを解消するには?

写真 シワやタルミ、くすみ、毛穴の開き……女性のお肌のトラブルって多いですよね。で、そんな中に数えられるのが、しみやソバカス。

これだけで、死ぬようなトラブルになることはありません。

ひょっとしたら、おべんちゃらで、「ソバカスが可愛い」なんていわれることだってあるかもしれません。

でも、そんなのってせいぜい二十歳前後まででしょう。ないほうがいいに決まっています。

「全くしみなんてないわよ」と思っていたのが、鏡の中の自分の顔にみつけてしまったら、「来るものがとうとう来てしまった」といったような大ショックでしょう。

しみ、ソバカス、お肌のくすみって、案外原因はたくさんあります。

たとえばくすみならば、お肌の表面の色が悪いこともあります。が、血行が悪いなど、その下の血液の問題の時もあるのです。

しみやソバカスならば、まずは思いつく原因は紫外線でしょう。が、ニキビのせいで、お肌に色素が沈着したのが、しみやソバカスに見えているようなことも結構あります。

一時的にごまかすのであれば、ファンデーションなどを使うことも考えられるでしょう。が、当然のことながら、本当の解決ではありません。

また、スキンケア用品の中には、「しみ、ソバカス、くすみを消す」というのを目的に作られていうものがたくさんあります。

これらをつかって、毎日のケアに取り組んでいるかもしれません。

が、ニキビ跡とともに残っているような色素沈着には必ずしもうまく作用してくれないようです。


■ニキビの悩みは自分で解決できない場合は、専門家にお任せするのも有効です。クリニックや病院だけではなく、今ではエステサロンでもきちんと効果的なニキビ多作のコースが充実しています、メディカル系のエステは、コースの種類も充実していて、女性に好評です。
参考サイト→http://nikibiesute.com/

にきび解消にピーリングをしてくれるエステもありますが、事前にきちんと確認してせつみを受けることが大切です。